書籍『tangent 接点 ー黒田美津子』2020年9月15日初版発行!

Sep , 2020


1年余り準備をしてきた書籍『tangent 接点』が出来上がりました。
「テキスタイルデザイン」の観点から、着物の写真を1冊の本にまとめた図録的なヴィジュアルブックです。

書籍『tangent 接点ー黒田美津子』

2020年9月15日 初版発行
仕 様 カラー印刷、コデックス装
サイズ 縦 220×横 154mm (A5 変形)
頁 数 224 ページ
部 数 500 部(特別装丁版 実布入り 20 部予定)
定 価 本体 6800 円(税別)
印 刷 株式会社 サンエムカラー
発 行 株式会社 Laboratoryy

【内容】
・87点の着物、帯、小物の新撮カラー写真
・回想文  著者による家族と着物のストーリー
・寄稿文  茅野裕城子/土田貴宏/富澤輝実子 執筆者それぞれの視点による着物についての考察
・解説  着物全点の解説やエピソード 富澤輝実子

・全頁英訳付き

【目次】
catalog
1. celebratory 祝

2. formal 儀

3. flower 花

4. stripes 縞

5. patterns 柄

6. plants 植

7. geometric 幾

essay
・tangent of design 交差する意匠 ー 気配の布、記憶のカケラ/黒田美津子
・着物は生き方も表す、自由な衣/茅野裕紀子
・着物に秘められたデザインの豊かさ/土田貴宏
・受け継がれてゆく着物/富澤輝実子

notes 富澤輝実子

【著者、編集】
著 者 黒田美津子
写 真 太田隆生
デザイン 澤田明彦、石倉雅之(Bold Graphic)
編 集 三宅和歌子、竹内優介

翻 訳 石山咲
校 閲 阿部進

【販売】
購入のご注文はメールにて承ります。 Laboratoryy  黒田、竹内宛  info@laboratoryy.com
取扱店舗 BIBLIOPHILE ビブリオファイル 03-3582-2707 、代官山蔦屋書店 03-3770-2525 その他、調整中。

*取扱先募集中 メールにてご連絡ください。

 

【出版記念イベント】
『tangent 接点ー黒田美津子』出版記念展
会期:2020年10月20日(火)~25日(日)
開廊時間:13:00〜20:00/入場無料
会場:森岡書店(東京都中央区銀座1丁目28−15 鈴木ビル)
電話番号:03-3535-5020
press@moriokashoten.net
著者の在廊予定日 10/20、21終日、22~24日15:00~、25日終日。
内容:会場では、書籍の展示販売のほか、インテリアスタイリングを展示予定。ブラックカラーにアップサイクルした桐箪笥とモダン照明のマッチングをご覧いただきます。かねてより収集してきた和のアンティーク食器の特別販売もご用意しています。

着物、書籍、家具、器たち。和の意匠を楽しむ森岡書店の5日間へ、どうぞお気軽にお立ち寄りください。

 

*感染対策を含む詳細はこちらをご覧ください。

 

【出版記念イベント】
黒田美津子『tangent 接点』刊行記念 つないで生かす、暮らし〉
場所:代官山蔦屋書店1号館1階催事コーナー(山手通りに近いドア内、窓ガラスそばの一角。)
会期:2020年12月26日(土)~2021年1月25日

内容:
・書籍『tangent ー接点』の取り扱いと「ものを大切に暮らす」世界観のスタイリング展示。
・連載記事掲載の『&premium』バックナンバーの販売
・物販 「あるものを生かして暮らす」「アップサイクル」をテーマに、連載関係各社の展開中の商品を期間中に特別販売。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
インテリアスタイリストとして活躍する黒田美津子の家に残されてきた、
明治から大正、昭和にかけて3世代の女たちが身に着けてきたふだん着の着物たち。
桐箪笥の引き出しにひっそりと収められてきた着物には
吉祥、穢れに対する考えや生活様式など、多くの物語が秘められています。
その中からインテリア業界に長くかかわる著者が“デザイン”という視点で87点を選び、すべて撮り下ろしで撮影。
今も新鮮に感じる大胆かつ美しい意匠は、
それぞれの時代を生きてきた女たちの、特別ではない日常の景色です。
一枚の布に込められた日本の文化と人、時間、デザインとの接点。
ごく普通の生活のそばにいた着物から見る、デザイン・アートブックになります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

I’m delighted to announce that the book I have been working on for more than a year will be published ‪on September 15th.‬

tangent 接点 – Mitsuko Kuroda.

I have been writing a series of articles on upcycling under the name “&UPCYCLING altering, remaking. Old items are treasures.” for the magazine &premium since 2018, which inspired me to make this book.

I was about to finally get rid of my old kimonos, but, when I looked at them again after a long time, I realized that most of them were casual wear. Their design, colors, and materials had appeal, which is different from formal ones. Hoping to spread the joy of kimonos, I decided to upcycle my kimonos into the form of a visual book.

Although the subject of the book is kimonos, the main theme is “kimonos as textile design.”

The book includes about 100 beautiful photographs of kimonos and accessories taken by Takao Ohta, memoirs and contributions by up-and-coming writers, an explanation of all the items, and English translation.

Available at BIBLIOPHILE ‪03-3582-2707‬ (Roppongi Tokyo) TSUTAYA BOOK STORE 03-3770-2525 (Daikanyama Tokyo) and other locations.
Please contact me via dm or email if you wish to purchase the book or run an article about the book. We are also now recruiting distributors.

Laboratoryy info@laboratoryy.com

Event information
“tangent 接点 — Mitsuko Kuroda” book launch exhibition
Dates: ‪October 20-25th, 2020‬
Venue: Morioka Shoten bookstore